協会について
 会長あいさつ
 業務・財務に関する資料
 組織図・役員
一般社団法人
和歌山県建築士事務所協会
〒640-8045
和歌山市ト半町38番地建築士会館3階
TEL:073-432-6539
FAX:073-432-6559
E-Mail:info@w-aaf.or.jp
HOME協会の趣旨 > 会長あいさつ
 会長あいさつ

 一般社団法人 和歌山県建築士事務所協会会長 挨拶

この度、令和2年度第39回通常総会におきまして会員の皆様方のご推挙とご理解を賜り、引き続き当協会の会長に就任させていただくことになりました。

微力ではございますが皆様方のご支援、ご協力を賜りながら、協会発展の為に、また会員の皆様に将来への希望を持って頂けるよう全力を尽くしてまいりたいと思います。

さて私ども建築設計業をとりまく環境は、新型コロナウイルスの感染が日本国中に拡大し、地域経済にも多大な影響を及ぼし、ますます厳しい状況となっています。

いまこそ官と民が垣根を越え連携し、一体となってあらゆる諸問題に力を合わせて対応することが求められています。

先ず、国や県に対して経済復興のための補正予算や、令和3年度の公共事業の増額を求めていきたいと考えています。さらに民間の建築需要を喚起させる為、税制の優遇や助成支援制度のさらなる拡充をお願いしていきたいと考えています。

また、和歌山はいつ大地震が起こってもおかしくないサイクルにきています。インフラや建築物の耐震化をはかり強靭化していくことが緊結の課題であり、その為の予算を毎年確保して頂き、少々の災害が起きてもびくともしない和歌山県となるよう、活動し続けていく所存です。

和歌山県とは、「災害時における応急対策業務に関する協定」を締結しており、大規模災害時には公共建築物が被災者の避難施設や防災拠点としていち早く安全に利用できるよう、行政と協力し調査・判定・技術助言などを行っていくこととしています。

消費者の皆様には建築苦情相談業務や各種の相談を受けており、より信頼される建築士事務所をめざして、開設者にたいする業務運営に関する研修、所属建築士の設計業務に関する研修、法令遵守(コンプライアンス)にたいする研修、その他さまざまな研修をおこなっています。

当協会の会員事務所は、消費者の皆様にとってより信頼でき、より安心してご相談に応じられますので、ご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

一般社団法人 和歌山県建築士事務所協会
会 長  尾 添 信 行

▲ページトップへ
| ホーム | 協会の趣旨 | 県民のみなさまへ  | 建築士のみなさまへ | 会員のみなさまへ |
Copyright(C) Wakayama Association of Architectural Firms All Rights Reserved